上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先回に引き続き、今回も新潟県の冬ロケーションの一部をご紹介します

新潟県の海岸部に広く見られる光景が松林
日本海からの強烈な海風に対し、防風塩害対策のために植えられた松林は、
雪が積もることで他の季節に見られる景色とは一転別の顔を見せてくれます

14.jpg

の中の松林は独特な情景を生みだし、ストーリーに奥行きを与えてくれそうです

24.jpg

しっかりと降り積もれば真白な絨毯の上に無造作に林立する松林は、違和感を感じるほどに異質な世界を見せてくれます
このような風景の中シナハンされたならば、様々なイメージが膨らむこと間違いないでしょう
34.jpg

はてさて、、、この松林の中に歩を進めて行くと、その先では一体何がーーッ

続きましてご紹介しますのは雪原です。
どうしてもロケ地としての需要が高くかつ、重要なシーンで使われることが多いだけに、こだわりも深くなるのが雪原のロケーションなのです。

あります
あるんです新潟には・・・。

そのようなご要望にお応えできる雪原が広がっているんです

15.jpg   25.jpg

どーでしょうか?この一面に広がる
銀世界

眺めを変えれば、遠くに連なる山々山々を望むこともできます

35.jpg

とはいえ、心から望むロケーションと出逢うためにはッ 楽ばかりではそうそう叶いません
ただし、それ相応の労力を費やしたならば・・・

45.jpg   55.jpg

皆さまが望むロケーションがきっと出迎えくれることでしょう

65.jpg

新潟県は皆さんのやる気を、出来る限りの全力をもって支援させていただきます

どんとこーい NIIGATA

ニシダ 
スポンサーサイト
関越自動車道 六日町ICを降り車をR253上越方面へと走らせるとその食堂は現れます

その名も「峠の茶屋 蔵」
その名のとおり何の変哲もない、いわゆる峠の茶屋です

NCM_2765.jpg


場所は十日町市儀明周囲には棚田の景色が広がり、写真愛好家の方々に人気のスポットでもあります

とはいえ、周囲には何もない山の中の峠の茶屋、、一体この店に何が起きたのでしょう


ことの起こりは、テレビ東京系列で9月11日(水)23時58分に放送された、松重豊さん主演の『孤独のグルメ』予告編でした。
    
「孤独のグルメ」公式サイト backnumber

予告編にて次回放送内容『新潟県十日町市 ドライブインの牛肉の煮込みと五目釜めし』をチェックしたコアな番組ファンの方からの電話がお店に殺到
以降、放送前にも関わらず早くもお店には首都圏からのお客さんが

9月18日の放送日以降は拍車をかけての大賑わい
1ヶ月先まで予約が入り、週末ともなれば店の外まで長蛇の列ができ、2時間待ちなんて日も

この出来事のスゴいところは、、
東京のお店なら分かります想像もつきます

しかし、今回の場所は新潟県、しかも山間部に佇む一軒の峠の茶屋、もちろんそこへ辿り着くには車で山道を走り峠を越えて行かなければなりません

NCM_2766.jpg  周囲はのどかなものです
NCM_2771.jpg
  のどか通り越して絶景です


しかし、このような地にあって大勢の方が行列をなしてまで食べに来る
旅の道すがらではなく、このお店を目的にやってくる
しかも、首都圏から数多の交通手段を駆使して1軒の峠の茶屋へとやってくる

そうそうあり得ないことが起きたのです。
何も知らず峠道を走るドライバーが、カーブを曲がった瞬間、沢山の県外ナンバーと群衆を視界に捉えたら驚くこと間違いないでしょう

と、、、
前置きが長くなりましたが、私も食べて参りました
放送から2ヶ月半たった12月初旬であったため、雪も影響してか客足はだいぶ落ち着いておりました。
しかし、やはり店の外には県外ナンバーの車が
いやが上にも期待は高まります

NCM_2764.jpg

モチロン注文するのは番組内で松重さん扮する井之頭五郎が注文したこちらの品々
          
まずは1品目、
「伝説の牛肉の煮込み」

NCM_2759.jpg

2日がかりで丹念に仕上げられたという牛肉はトロットロ卵をくずし絡めると、もーたまりませ~ん
(白米が欲しいぃーーー

ホントは「伝説の牛肉の煮込み定食」がメニューにあるのですが、今回はもう一つの目的の品を頂くため、煮込みの単品で我慢なのでした

そして来たる2品目は、
「オンリーワンの五目釜めし」

NCM_2762.jpg

ほど良い味付けのご飯に、これでもかっとゆー盛り沢山な具材の数々
海老、帆立、鮭、鰻、そして数多の山菜達が・・・
底にはお焦げもしっかり付き、釜飯の王道をいく一品の逸品なのでした

とゆーわけで、、ご馳走様でしたーーー

確かに食べ終えた後、
「ここまで来た甲斐があったー」
と思わせてくれるメニューがそこにはあったのでした

コレ見て「美味しそうだな~と少しでも思ったアナタ
是非とも一度足を運んでみて下さい。
きっと期待は裏切らないはずです(良い意味では裏切っても

伺う際は、事前にお店に連絡をいれることをおすすめします
    
『峠の茶屋 蔵』ホームページ

ニシダ 
新潟からこんにちは!

新潟県フィルムコミッション協議会

Author:新潟県フィルムコミッション協議会
新潟県フィルムコミッション協議会公式ブログです。映画、テレビドラマ、CM、PV、雑誌撮影など、最近行われたロケ情報&裏舞台をご紹介。また、知られざる新潟のロケーション、ロケ弁、裏話など、知られざるマル秘ネタも発信中です!


≪公式サイト≫
新潟ロケーションガイド

≪メールでのお問い合わせ≫
こちらをクリック

≪お電話でのお問い合わせ≫
025-280-5254
(西田・大岩・田中)

新潟をネットdeロケハン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。